アナグマの毛皮

2010/3/8 T3 d0027904_21524762.jpg

 1月31日に解体したアナグマの毛皮のなめしがなかなかうまくいかず、なめし液に漬けながら毛皮に残っていた脂肪を取り、やっと、まぁまぁの状態になったので、いつまでもなめし液に漬けておくこともできないから、干すことにした。板に張ってみると、アナグマは太めだなぁとあらためて思う。愛嬌があるなぁ。
 只見では、トビや獣に毛皮をさらわれるかもしれないと心配になって、ベランダの壁側に板を裏返しにして干してます。
[PR]
by takaharan | 2010-03-12 22:41 | 福島市小鳥の森の植物
<< 只見の「あがりこ」 只見でクロカン(蒲生川沿い) >>