ユビソヤナギの花穂が出ました。

d0027904_218467.jpg2010/3/14 G1
 夕べは雪、今朝はくもりだったけど、天気予報は晴れ。絶好のクロカン日和。
 局所的にしか分布していないユビソヤナギが只見にあります。他のヤナギより先に花が咲き、そろそろだという情報を得て、只見の自然に学ぶ会の方といっしょに出かけました。晴天の空にヤナギの梢が白く芽吹いています。花穂です。

d0027904_2128838.jpg

 まだ、芽吹いたばかりで、おしべもめしべも出ていません。もっと大きくなるそうです。一番下の花穂には、まだ冬芽の鱗片がついてます。










d0027904_2142821.jpg



 青空に白く輝くようです。








d0027904_21413860.jpg





 積もった雪が解けて見晴らしが良くなってきました。只見にも確実に春がやってきています。




d0027904_22192535.jpg


 おまけです。林の中では、キイロスズメバチはこんなところに巣をつくるんですね。
[PR]
by takaharan | 2010-03-14 22:03 | 只見通信
<< ふくしまホネホネ団第3回 只見の「あがりこ」 >>