伊達市梁川小学校ビオトープつくり

2017/4/27 TG4  伊達市梁川町 
d0027904_19164689.jpg

 今日は、伊達市梁川地区ロータリークラブからの依頼で、伊達市立梁川小学校でビオトープつくり。5・6年生の希望者を集めていただいて石積みと小さなプラ製池を埋め込みました。
 場所が畳み2畳分くらいしかないことと、給排水設備まで遠いことから、池中心のビオトープはやめて石積みを主体にしました。とはいえ、メダカを理科室で飼育しているとのことなのでプラ製の小さな池も設置。

 放課後、皆さんに集まってもらい、ご挨拶をロータリークラブの会長さんからいただいた後、小生がどんなビオトープにするか、作業手順、注意点などを説明して作業開始。小学生26人と校長先生、理科室の先生、コミュニティルームの先生、ロータリークラブの方々もご参加いただいて、わいわいガヤガヤと作業。前日までに、近くの駐車場脇に運び込んでいただいた石をビオトープ予定地まで、みんなで運んで積み重ねました。なかには大きくて重い石を一人で持ってくる児童もいてびっくり。方や、池を埋める穴をスコップやシャベルで土を掘って、プラ製の池を埋め込み、余った土は池から石積みへ向かって盛り土してスロープにしました。
 みんな、やる気満々で、スムースに作業が進み、思いのほか早く、1時間ぐらいで完成してしまった。できばえも立派で、びっくりでした!(写真を撮る余裕はありませんでした(^^;)。梁川小学校のHPに近々掲載されると思います。)
d0027904_19165963.jpg

 梁川小学校は、東日本大震災で全壊。ずっとプレハブの仮校舎でしたが、ようやく昨年、新たな場所にほかの小学校も統合してできたばかり。まだ、植え込みもまだまばらで、雑草もあまり生えていません。果たして、どんな生き物がこの石積みにいつやってくるのか? どんな草が生えてくるのか? はたまた、池には、自宅近くの田んぼから取ってきておいた握りこぶしぐらいの土を池に投入したので、これから池に何が出てくるのかとても楽しみです。

[PR]
by takaharan | 2017-04-27 20:15 | 伊達市梁川小学校ビオトープ
<< 蒲生岳の5月3日と5月6日 ムササビ >>