ウサギの足跡と食痕と・・

生活痕(うんち)   ノウサギ
d0027904_23233856.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 雪の中を歩いていて、一番よく見るのはウサギの足跡。その足跡を追っていくと、ところどころにぽつりぽつりと、たいがいは1個づつ落ちている。ちょっと扁平な丸っこい木の皮みたいな色のもの。大きさは1cmぐらいだろうか。臭いはない。ほとんどがセルロースだそうだ。写真のは、珍しく3個も一カ所にかたまってた。

d0027904_23301910.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 そのウンチの近くにあったもの。枝先がスッパとナイフで切ったよう。これがウサギの食べ痕。よく、子供たちが飼いウサギに、自分手で草を持って、ウサギに食べさせているが、一歩間違えると、指がこんなふうになるに違いない・・・といつもヒヤヒヤする。
 ちなみに、この木はカエデの仲間。ノウサギは、カエデ類の枝を好んで食べているとのこと。メイプルシロップ味でもするんだろうか?・・・試しに、自分もかじってみれば良かった・・・。

d0027904_23374279.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 足跡。もちろんノウサギ。それも、できたてほやほや! 目の前を逃げていったそうな!
ツメの痕もあるし、雪が飛び散っている。必死に走ったに違いない、前足がずいぶん離れている。ウサギやリスは、まるで跳び箱を跳ぶように、駆ける。
[PR]
by takaharan | 2007-02-17 23:45 | 動物
<< 熊棚(ツキノワグマの食痕) ニホンザルの食痕 >>