カテゴリ:動物( 42 )

爬虫・両生類フォーラム

6月6-7日に南相馬市で開催された爬虫・両生類フォーラムに参加してきました。7日の午前中は鹿島区で観察会。

d0027904_22322210.jpg 2015/6/7 南相馬市 G1

皆さんが集まるまでに、カナヘビが顔を出しました。おなかが大きいので卵をかかえたメスでしょうか・・。



d0027904_22354648.jpg 


集合場所の土手の擁壁で捕まってしまったシマヘビ。眼が白いのは脱皮前だからそうです。あと1週間くらいで脱皮するところだろうとのこと。さすが、専門家の皆さんです。




d0027904_22383753.jpg田んぼの水路脇にいたアオダイショウを捕まえて、さらに手乗りにしてしまった・・・恐るべし人たち・・。「アオダイショウはおとなしい」んだそうだ。でも、このぐらいの大きさになるとカエルよりはネズミなどを食べるとのこと。今時の猫より役に立つかも。


d0027904_22411617.jpg
タカチホヘビ。初めて見ました。夜行性で地中に住み、ミミズを食べているとのこと。昨晩、捕獲したものを見せていただいた。小さくてかわいい。



d0027904_22473074.jpg

大震災の時は、写真左の丘よりも高い津波がやってきて、このあたりは全部、入り江のようになったとのこと。ポンプで排水して干拓地を復旧したが、せっかく生えてきたミズアオイや水路にいたメダカが復旧工事のために全部いなくなってしまったとのこと。人々の生活再建は重要だけれども、「自然の領分」も残してほしいものだと思う。
[PR]
by takaharan | 2015-06-08 23:02 | 動物

ゴジュウカラの巣立ちビナ

d0027904_22314681.jpg2014/6/7 裏磐梯 T30

 日本シェアリングネイチャー協会の「全国大会 IN 裏磐梯」のワークショップで、デコ平からブナ林まで案内中に、参加者が発見! お昼のおにぎりをほおばり中に、ゴジュウカラをブナの幹に見つけたとき、羽をばたばたさせて変な動きをしていたのは、ヒナから注意を背けるためだったのかもしれない・・。親鳥の努力は残念なことに報われなかったけれども、「カワイイ~!」と大人気でした。
 ・・コンデジだったし暗くて・・写真がぶれてます(泣) でも、歓喜なひとときでした。
[PR]
by takaharan | 2014-06-09 22:44 | 動物

2014お正月の散歩(2/2)

d0027904_222198.jpg2014.1.3 伊達市摺上川

カミさんと娘が発見。大きなスーパー袋がひっかかっているのかと思ったら、毛繕いをするダイサギでした。ダイサギはこのあたりではあまり見ませんでしたが、最近、見られるようになりました。写真がピンボケですみません。(G1)




d0027904_2262847.jpg同上
ミヤマガラス

冬になるとどこからか群れでやってきます。くちばしがハトのようなのが見分けるポイント。十数羽ぐらいの群れでした。いつものハシブトガラスやハシボソガラスは群れをつくらないので、群れていればこいつらです。
[PR]
by takaharan | 2014-01-03 22:16 | 動物

イシガメが交尾

d0027904_21274940.jpg2013.12.19  伊達市自宅  G1

 19日の朝、飼育しているイシガメのペアの様子を見にベランダに出ようとしたら、水槽内で交尾しているのを発見! ベランダに出るのをやめて、そおっとサッシ戸だけ開けて写真を撮りました。オスは交尾したままぷかーっと浮いて首を水面から出しています。前足を広げて脱力している感じです。メスは底にもぐったままじっとしています。こちらは、初めて見たので、かなり興奮気味。産卵は6月-7月なのに、交尾は冬眠前なんですね~。ツキノワグマと同じ遅延着床ってやつなんでしょう。ウェブで調べたら、メスは精子を一年以上貯めておけるんだそうです。おっどろきー。
 卵を確認してから3年、まだ子亀を見ていないので、来年は何とか孵化してほしいなぁ・・・。
[PR]
by takaharan | 2013-12-30 21:46 | 動物

フクロウのひな

留鳥
d0027904_2155814.jpg
2008/4/13
福島市

フクロウのひなはずいぶんと早く巣立つものらしい。全く産毛だらけで飛べずに、じっとしている。初めて見た。愛らしいが猛禽だ。エサは十分にあるのだろうか・・
[PR]
by takaharan | 2008-04-19 22:08 | 動物

シュレーゲルアオガエル

アオガエル科
d0027904_22315197.jpg
2007/9/24
伊達市梁川町 希望の森公園

 アマガエルによく似ているけれども、モリアオガエルに近い。
 アマガエルは目のあたりに黒い太い筋があるが、シュレーゲルアオガエルにはない。アマガエルよりちょっと大きめ。見つけても、ほとんどアマガエルと思われている。
 田んぼの畦や池のふちの土の中にモリアオガエルのようにメレンゲ状の卵塊をつくる。ときどき、誰かが見つけて、「何だろう?」と掘り出したものの、そのまま放ってある。見つけると、オタマジャクシが水に入れるようにと、もとの場所にもどしてやる。皆さん、掘り出したら元の場所にもどしてあげてください。
[PR]
by takaharan | 2007-10-13 22:44 | 動物

誰のエビフライ?

生活痕  食べ痕(アカマツノのまつぼっくり)
d0027904_22411559.jpg

2007/2/12   裏磐梯

自然観察屋の世界で「エビフライ」といえば、まつぼっくりの食べ痕のこと。リスの食べ痕とされているが、ムササビも同じような食べ方をするとのこと。しかも、見分けるのは難しいということを最近知った。なんてこったい!、自分はリスだけがこんな食べ方をするのだと思っていたのに・・・。しかもこのエビフライ、雪面から1.5mぐらい上にある枝の分かれ目にできた空洞の中にある。こんな小さなところに、リスもムササビも入れない・・・。もしかして、野ネズミのなかにも、こんな食べ方をするのがいるのか??? モモンガ?? 分からない・・・・・。
[PR]
by takaharan | 2007-02-25 22:50 | 動物

キツネのおしっこ

生活痕(おとしもの)    キツネ(ホンドギツネ)
d0027904_23495774.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 キツネらしき足跡をたどっていったら、木の根元に黄色っぽい染みが!! これは、もしや!妙なる香りがするというキツネのおしっこかぁ! と臭いをかいだら、絶句! 是非、見つけたら、臭いをかいでみてください。近寄らないと分かりません。
[PR]
by takaharan | 2007-02-18 23:53 | 動物

熊棚(ツキノワグマの食痕)

生活痕(食痕)   ツキノワグマ
d0027904_23474839.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 枝が折れているのがツキノワグマの食べた痕。ウワミズザクラの木だそうだ。実を食べたのだろうか。折れた枝にだけ葉が残っているので雪をかぶっている。まだ、葉っぱが緑色の時に折られて、葉が枝に付いたまま枯れたから落葉しない。ツキノワグマは木に登る。木に登って、枝を折って、ときに折った枝を自分の尻の下に敷くので、棚のようになるので、「熊棚(くまだな)」という。でも、写真のは、棚のようにはなっていないものもある。でも、熊の食べ痕だから熊棚なのだ。
[PR]
by takaharan | 2007-02-18 00:05 | 動物

ウサギの足跡と食痕と・・

生活痕(うんち)   ノウサギ
d0027904_23233856.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 雪の中を歩いていて、一番よく見るのはウサギの足跡。その足跡を追っていくと、ところどころにぽつりぽつりと、たいがいは1個づつ落ちている。ちょっと扁平な丸っこい木の皮みたいな色のもの。大きさは1cmぐらいだろうか。臭いはない。ほとんどがセルロースだそうだ。写真のは、珍しく3個も一カ所にかたまってた。

d0027904_23301910.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 そのウンチの近くにあったもの。枝先がスッパとナイフで切ったよう。これがウサギの食べ痕。よく、子供たちが飼いウサギに、自分手で草を持って、ウサギに食べさせているが、一歩間違えると、指がこんなふうになるに違いない・・・といつもヒヤヒヤする。
 ちなみに、この木はカエデの仲間。ノウサギは、カエデ類の枝を好んで食べているとのこと。メイプルシロップ味でもするんだろうか?・・・試しに、自分もかじってみれば良かった・・・。

d0027904_23374279.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 足跡。もちろんノウサギ。それも、できたてほやほや! 目の前を逃げていったそうな!
ツメの痕もあるし、雪が飛び散っている。必死に走ったに違いない、前足がずいぶん離れている。ウサギやリスは、まるで跳び箱を跳ぶように、駆ける。
[PR]
by takaharan | 2007-02-17 23:45 | 動物