<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コゲラ

キツツキ科  コゲラ Dendrocopos kizuki  留鳥
d0027904_22193077.jpg

2006/3/18 福島市小鳥の森

繁殖シーズンなのだろうか、それともたまたまなのか、二羽でうろちょろしていた。3/11に撮影したときより近くで撮れた。オスは側頭後部の目の上の白い筋の後端部に赤斑があるというが分からない。
d0027904_22285990.jpg
[PR]
by takaharan | 2006-03-20 22:29 | 福島市小鳥の森の動物

ヒメオドリコソウ

ゴマノハグサ科  Lamium purpureum 越年草
d0027904_2154837.jpg

2006/3/18 福島市小鳥の森

 早春に、オオイヌノフグリに続いて咲き始める。大きくても高さは20cmぐらいだが、道路脇一帯に広がっていることがある。日当たりの良い道ばたや畑の隅などでよくみかけるが、ヨーロッパ・小アジア原産の帰化植物。
 よく見ると、上の花は咲き始めで、下側の唇弁が上側と同じくらいの大きさで形もシンプルだが、下の方で咲いている花の唇弁は複雑な形をしていて大きい。花が咲いてからも唇弁が成長して形が変わっていくのだ。唇弁の根元の方がふくらんで両手で何かを包むような形になり、先の方だけ左右にめくれながら伸び始め、先の方だけ正面か上方を向くようになるようだ。d0027904_2294934.jpg
[PR]
by takaharan | 2006-03-20 22:09 | 植物

オオイヌノフグリ

ゴマノハグサ科    Veronica persica     越年草
d0027904_23352787.jpg

2006/3/11 福島市小鳥の森

最近は1月頃から咲き始めることもあるが、今年は雪が多かったので、2月中旬頃から咲き始めたようだ。可憐な小さな花で、青い色が美しいが、道ばたに普通にある。花が小さくてまばらに咲くので、人からはあまり目もくれられない。図鑑によれば、ヨーロッパ原産の帰化植物で1887年頃に東京から広まったという。早春、まっ先に咲く花である。
[PR]
by takaharan | 2006-03-16 23:48 | 植物

穴をつつくコゲラ

キツツキ科  コゲラ Dendrocopos kizuki  留鳥
d0027904_21435337.jpg

2006/3/11   福島市小鳥の森

1月頃から盛んに木をつつく音がきこえるようになった。夏鳥がいなくなってから「ギー」という鳴き声がよく聞こえる。どうも、この木に穴を開けていたらしい。頭がすっぽり入るくらいの大きさである。エサ用だろうか、営巣に備えているのだろうか。木のほうはすっかり枯れ、腐朽性であろうと思われるキノコがたくさん着いている。
頭がすっぽり入ってあまりある大きさでした。
(めいっぱいトリミングしてます。不鮮明なのはご容赦を。)d0027904_2146487.jpg
[PR]
by takaharan | 2006-03-16 23:28 | 福島市小鳥の森の動物

ヤドリギの実

ヤドリギ科  Viscum album    常緑低木 寄生性 雌雄異株
d0027904_222755.jpg

2006/3/4   裏磐梯休暇村

宿り木の実にはオレンジ色のものとレモンイェローのものがあり、オレンジ色の方をアカミヤドリギ(品種)と言う。両方とも裏磐梯にある。野鳥が好んで食べ、特にレンジャク類がよく食べるらしい。中身がねとねとしていて、このねばねばは消化されずにタネといっしょにフンとなり、うまく枝にからまって付着できたものが芽を出すらしい。ヤドリギの根は寄主の組織に食い込んでいくので、根元の寄主の枝が少しふくらんでいる。
                         レモンイエローの実d0027904_22132255.jpg


      枝にからまった種子
d0027904_22254916.jpg
[PR]
by takaharan | 2006-03-08 22:14 | 植物

ヤドリギ

ヤドリギ科    Viscum album 常緑低木 寄生性  雌雄異株
d0027904_2149211.jpg

2006/3/4  裏磐梯休暇村

冬になって、葉が落ちるとヤドリギが目立つようになる。裏磐梯にはヤドリギが多いようで、まるでヤドリギがなっているような木もある。ハンノキ類やヤマナラシに寄生していることが多い。けっこう高いところに付着しているので、普段は近づけないが、雪が積もると間近で見ることができる。
d0027904_2156253.jpg
[PR]
by takaharan | 2006-03-08 21:56 | 植物

テン?の落とし物

生活痕   フン(たぶんテン)
d0027904_22191146.jpg

2006/3/5   裏磐梯 小野川不動滝付近
雪上にたくさんの足跡があった。足跡が典型的でないのと、フンが細いのでもしかするとイタチかもしれないと思いつつ、足跡の大きさからいうとテンだと思う。
前日には、植物の種子入りのものを見つけた。これもテンだろうと思う。
d0027904_22233831.jpg
                                    2006/3/4  裏磐梯休暇村
[PR]
by takaharan | 2006-03-07 22:24 | 動物

ツキノワグマの爪痕

生活痕    爪痕(ツキノワグマ)
d0027904_2282963.jpg

2006/3/4   裏磐梯休暇村

まだ生々しい感じ。こんな大きな爪痕は、このあたりではクマ(ツキノワグマ)しかない。太い木でもないし、ケヤマハンノキのようなのでクマが食べるような実はならないなぁと思ったが、クマヤナギのツルが沢山からまっていたので、秋に、この実を食べに来たのかもしれない。
[PR]
by takaharan | 2006-03-07 22:14 | 動物