<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ケマルバスミレ

スミレ科 Viola keiskei 多年草
d0027904_2248498.jpg

2006/4/29     南相馬市八木沢峠

アオイスミレとは葉の形が違う。本州から九州の丘陵や山地にあると言うが、福島市近郊では見た記憶がない。スミレは種類が多くて、見分け方が難しいので、別のスミレと勘違いしているのかもしれないし、あちこち歩いてみると見つかるのかもしれない。
[PR]
by takaharan | 2006-05-28 22:55 | 植物

エイザンスミレ

スミレ科 Viola eizanensis 多年草
d0027904_22333838.jpg

2006/4/29 南相馬市八木沢峠

久しぶりに会った。大学生になったばかりの頃、実家があった西郷村のスギ林の林縁で見つけて、興奮したのを覚えている。図鑑では見たことがあったが、葉っぱに切れ込みが入ったスミレを実際に見れるとは思っていなかった。福島市近郊でも見たことがないので、ところどころの限られた場所に分布しているのかもしれない。
[PR]
by takaharan | 2006-05-28 22:41 | 植物

アオイスミレ

スミレ科 Viola hhondoensis  多年草
d0027904_22422432.jpg

2006/4/29  南相馬市八木沢峠

 初めて見た。葉が葵(あおい)に似ていることに、名前が由来する。山地の林縁の日当たりのよい草地に多いスミレで、スミレの中でも咲き始めるのが早い方らしい。タチツボスミレが咲きそろった頃には、この花はほとんど終わってしまっていた。背は低い。
[PR]
by takaharan | 2006-05-07 22:51 | 植物

イモリ(亜成体)

イモリ科 Cynops pyrrhogaster pyrrhogasuter 両生類
d0027904_22213513.jpg

2006/4/29  南相馬市八木沢峠

 渓流沿いの林道脇の倒木を動かしたら、その下にいた。全長55mmととても小さい。昨年に孵化した個体かもしれない。イモリは、幼生も成体も水中で生活するので、こんな陸上で越冬するとは考えもしなかった!
 お腹が毒々しいまでの朱色で、それ以外はまっ黒というすごいコントラストが印象的で、嫌われることも多い。イモリという名前は「井戸の守」に由来すると言う。井戸の守り神なのだから由緒正しいのだ。昭和三〇年代は、どににでもというぐらいにいたのに、生息地が改変され、今ではあまり見ることができなくなった。
[PR]
by takaharan | 2006-05-07 22:34 | 動物