<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

9月21日 落下!

d0027904_20241811.jpg

ついにトチの実が落下していました。
木の根元にタネがはずれた殻を見つけましたが、実は見つかりませんでした。










下の写真は、小鳥の森で拾ったトチの実です。となりの500円硬貨と大きさを比べてみてください。天津甘栗の2~3倍ぐらいあります。
d0027904_20315385.jpg


d0027904_20323768.jpg

こちらの冬芽は、しばらく前から大きさが変わっていません。
葉っぱが色づき始めています。
[PR]
by takaharan | 2006-09-22 20:22 | とちのみ観察記

カモシカの食痕

食べ痕
d0027904_2236153.jpg

2006/9/2 福島市びっき沼(土湯)

林の中を歩いていたら遭遇。カモシカが樹皮を食べた痕だそうだ。初めて見た。
[PR]
by takaharan | 2006-09-15 20:31 | 動物

9月4日

d0027904_21241691.jpg

小鳥の森ではとちの実が落ち始めたので、まだあるかなと思いつつ、探したら、まだありました。もう十分大きくて色も茶色になって、いつ落ちてもおかしくない状態。でも落ちたら車道なので、タネごと車に轢かれてつぶれてしまうでしょうね。









d0027904_21283969.jpg

こちらの冬芽もどんどん大きくなってます。
[PR]
by takaharan | 2006-09-12 21:29 | とちのみ観察記

キイトトンボ

イトトンボ科 Ceriagrion melanurum
d0027904_21101575.jpg

2006/8/27  只見町
中通りでは、見た記憶がないので会津に多いのかもしれない。けっこうかわいい。腹の後ろ端の背中側が黒いので♂らしい。草原などにすんでいるらしい。見つけた場所も、林を刈り払った後に草が一面に繁っていた林縁で、フキの葉にとまっていた。
[PR]
by takaharan | 2006-09-12 21:21 | 昆虫

ブナ

ブナ科 Fagus crenata    落葉広葉樹
d0027904_20525521.jpg

2006/8/27  只見町
只見町のコウモリフェスティバルでブナ林を案内していただいた。大きなブナで、大人4人が両手を広げてやっと幹を一回りできた。ブナは冷涼湿潤な場所にしかないので、世界的にも北半球で、海の東側にある雪の多い4地域しか分布していないそうだ。実が食べられ、熊も大好きだそうだ。数年おきに豊作になるそうだが、不定期で、昨年は4・5年ぶりの大豊作だったそうで、林床はブナの実生がたくさんあった。しかし、ブナ林の中では日光が不足するのか、実生のほとんどは枯れてしまう。
[PR]
by takaharan | 2006-09-12 21:07 | 植物

とちのみ観察記:8月28日

d0027904_2275449.jpg


ずいぶんと大きくなり、色もうす茶色になって熟してきたようです。
この丸い実の中に2~3個の大きなクリのような種が入っていて、熟すと、この丸い実ごとすとんと突然落ちるんです。ぶつかったら痛いだろうなぁ・・。痛いだけで済むだろうか・・・。
[PR]
by takaharan | 2006-09-03 22:13 | とちのみ観察記

ヒカリモ

黄金色藻綱
d0027904_21104621.jpg

2006/8/23   福島市小鳥の森

水面に油のようなものが浮いているように見えるが、光が当たると黄金色に反射する。もっと一面に広がっていてきれいだったそうだが、今日はちりぢりになってしまっていた。フラッシュをたいて撮影すると反射して黄金色に写る。初めて見た。 鞭毛を持って遊泳していたものが突然、滴状になり、水面に浮遊して光を反射するのだそうだ。
[PR]
by takaharan | 2006-09-02 21:20 | 風景その他

キキョウ

キキョウ科 Platycodon gradiflorum     多年草
d0027904_22193281.jpg



30年ぶりぐらいで野生のキキョウに巡り会えた。最初に見たのは、大学生の時に長野県の菅平でだった。花が目立つのですぐに取られてしまうが、野生のものはめったに見られない。林縁の疎林や草原にあるので、今のように、山に手が入らなくなって林ばかりになると消えてしまう。このまま来年も野生の姿で見たい。はたして・・・・・。
[PR]
by takaharan | 2006-09-01 22:27 | 植物

ワレモコウとキリギリス類の幼生

バラ科 Sanguisorba officinalis
d0027904_226087.jpg

2006/8/20  小鳥の森

パッと目立つ花ではない。地味な黒っぽい赤で、これが花?って感じだが、よく見ると小さな花が集まって穂になっている。たくさん、きれいな夏の花が咲き終わって、花の種類が少なくなった頃にこの花が咲く。夏も終わりである。キリギリスの仲間の幼虫がいた。名前はわからない。長い後脚と長い触角が印象的である。
[PR]
by takaharan | 2006-09-01 22:13 | 福島市小鳥の森の植物