<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コナギ

ミズアオイ科 Monochoria vaginalis var. plantaginea  草本
d0027904_21363637.jpg

2006/10/1   福島市小鳥の森

 ミズアオイと同じ形の葉っぱなので、花が咲かないと区別できない。コナギの花は、葉の下側で咲くので、花があれば簡単に分かる。ホテイアオイも同じミズアオイ科だが、日本には、この3種しかないらしい。コナギはよく増えるので、田んぼの雑草としてはやっかいなやつらしい。農家には嫌われるが、なかなかきれいな花をつける。今年は花が咲くのが遅いと思う。
 写真のコナギは、大雨で泥をかぶったのか、葉っぱが泥だらけだ。
[PR]
by takaharan | 2006-10-22 21:46 | 福島市小鳥の森の植物

ミズアオイ

ミズアオイ科 Monochoria korsakowii 一年草
d0027904_21214223.jpg

2006/9/24  伊達市伊達

 今年は、梅雨が長引いたうえに、夏の天気があまり良くなかったので、ミズアオイの生育が悪く、普通ならお盆過ぎに咲く花が9月下旬になってしまった。てっきり、今年は、もう咲かないと思い、福島市周辺ではミズアオイは自生できないのだろうかと思っていた。日当たりの良くないところに置いたものは、とうとう生長できずに、小さいまま枯れてしまった。花の咲いたものは実を付けた。秋の気温があまり下がっていないようなので、タネはできるのだろうと期待している。
[PR]
by takaharan | 2006-10-22 21:32 | 植物

10月18日 紅葉

d0027904_2253880.jpg


今年は紅葉が遅くて、なかなかきれいになりません。
ようやくトチノキが紅葉らしくなってきました。
サクラは葉が赤くなった端から次々と落葉しているようで、今年の紅葉は期待薄です。
吾妻山のスカイラインに10月9日に行ってきたけど、色づきが悪かった。







d0027904_22583677.jpg

こちらは冬芽。大きさは変わらずですが、表面にうっすらと「ねばねば」を帯びてきました。葉が枯れ始めると粘液を出し始めるようです。だんだんとトチノキ特有のあのねばねばした冬芽になっていくんですね。
[PR]
by takaharan | 2006-10-19 23:05 | とちのみ観察記

ヤマジノホトトギス

ユリ科 Tricyrtis affinis  多年草
d0027904_21162341.jpg
2006/9/3 福島市小鳥の森

d0027904_21172071.jpg
2006/9/10 いわき市湯の岳

同じ種類でも、いわき市のものより福島市のものの方が紫色の斑点が多いうえに色が濃い。葉や茎の毛も長くて目立つ。
[PR]
by takaharan | 2006-10-05 21:20 | 福島市小鳥の森の植物

センニンソウ

キンポウゲ科 Clematis terniflora つる性
d0027904_20512227.jpg

2006/9/10 いわき市湯の岳

日当たりのよい道路ぎわの林縁に咲いていた。一つの株に沢山の花がいっせいに咲くので、なかなか見ごたえがあります。タネには白い卍型のふさふさがくっついていて、きっとこれを仙人のひげになぞらえて名前が付いたのにちがいない。
d0027904_2111097.jpg
[PR]
by takaharan | 2006-10-05 20:47 | 植物