千畳敷カール

d0027904_2156432.jpg2013/7/28 千畳敷カール G1
長野県駒ヶ根市

大学時代のクラス会があって、千畳敷カールのお花畑ツアーに行ってきました。高山だし、天気が心配だったのですが、良い天気に恵まれました。




d0027904_221196.jpg同上

コバイケイソウが数年ぶりに咲き、高山植物の花も多いとボランティアガイドの方が言っていました。夏休みの日曜日とあって、人も多いです。



d0027904_223671.jpg同上

いい感じの雲とガス(霧)です。標高二千メートル級は久しぶりでした。
[PR]
# by takaharan | 2013-08-13 22:06 | 風景その他

ヒメサユリ

d0027904_2244832.jpgヒメサユリ 
2013/06/08 福島県只見町 ゆり平 G1

今年も咲き始めました。雪が遅くまで解けなかったところは咲くのが遅いので、7月初めまで楽しめます。ユリ平は初めて行きました。以前はヒメサユリがたくさん咲いていたところらしいですが、最近は減っていたようです。杉林の下をきれいに刈って、生育環境を整え始めていました。
[PR]
# by takaharan | 2013-06-11 22:50 | 只見通信

牛久自然観察の森

d0027904_21383837.jpg2013/04/29 オドリコソウ 牛久自然観察の森 G1

 初めて牛久自然観察の森へ行ってきました。普段見ている東北の草花とは違う面々の花と久々に会えてうれしかった。




d0027904_21432969.jpg
ジュウニヒトエ

 これも、福島ではあまり見ません。これだけの立派な花をつけたのはなかなか見られません。







d0027904_2145911.jpg
ウラシマソウ

 「浦島太郎が釣りをしているみたい」という意味の名前です。渋いなぁ~。なかなかの迫力ですが、たくさんあると、感動が薄れます・・・。




d0027904_21482922.jpg
ヘラオモダカ

 もうオモダカが咲いている~と見たら、葉っぱの形が全然違う! 初めて会いました。福島県では見たことがありません。いわき市あたりにはあるのかなぁ・・・・。


d0027904_21544021.jpg
イチリンソウ

 これも久々です。群落をつくっていました。福島ではなかなか見られません。

 
[PR]
# by takaharan | 2013-04-30 22:02 | 植物

桃花雪

d0027904_21534675.jpg 2013/4/21 伊達市伏黒
 G1

 今朝から季節はずれの雪。桃の花と雪を一緒に見るのは初めてです。いかにも寒そう。午後3時頃、少し日が差しました。






d0027904_21565140.jpg 
[PR]
# by takaharan | 2013-04-21 22:02 | 風景その他

JR只見線のラッセル車

d0027904_22174713.jpg
 2013/2/24 金山町 G1
 只見から伊達に帰宅途中に、JR只見線のラッセル車に遭遇。ラッキーとばかりに写真を撮りました。車よりゆっくり動いています。ロータリー式の除雪列車ですね。


d0027904_22184986.jpg

  青い車体の中央に赤べこが描いてありました。地元を意識しているなぁ~。JRもやるね。 
[PR]
# by takaharan | 2013-02-24 22:21 | 只見通信

豪雪

d0027904_2244052.jpg
 2013/2/24  只見町楢戸 G1

 今シーズンは雪が多い。只見でも豪雪対策本部ができたとのこと。今朝、また積雪30cm超。2階の窓まで雪が届いたので屋根に上って除雪しました。上から見ると、車がすっぽり雪の中なのがよくわかります。
[PR]
# by takaharan | 2013-02-24 21:01 | 只見通信

金山町

d0027904_21522084.jpg金山町川口
2013/1/20 G1

 今日は、只見へ研究成果発表会を聞くために日帰り。天気が良かったので、行きがけに川口で只見川を撮ってみました。風もなくて川面に山が映っています。ところが、この先、大塩から天気が悪くなり、只見は雪でした。さすが只見。
[PR]
# by takaharan | 2013-01-22 21:57 | 只見通信

館の川

d0027904_21461935.jpg 2013/1/5 G1

 この冬の只見は12月初めからどかっと雪が降りつづき、1月初めだというのにいつもの年の1月末頃の積雪です。どうなることやら・・。
[PR]
# by takaharan | 2013-01-06 21:45 | 只見通信

被爆線量(写真はありません)

新年あけましておめでとうございます。

 今年の手帳に去年の手帳から必要な予定などを転記していたら、被爆放射線量をメモしたまま、集計していなかったのに気がついた。原発事故直後は線量計が品切れで手に入らないし、個人で買うには高いものが多く、安いものは数値の信頼性が心もとないので買えなかった。個人で買える値段で何かないかと探しているうちに半年が過ぎ、日立アロカのMYDOSE-MINI(PDM-122-SZ)を2011年の10月に購入した。1マイクロシーベルト単位でしか表示できないが、身につけておいて累積の放射線量を記録できる。電池がなくなるとデータが消えてしまうので、念のため毎日、数値をチェックすることにしていた。
  2011年10月18日~11月22日  92マイクロシーベルト
    〃 11月22日~12月22日  87   〃
    〃  12月22日~2012年1月22日  85マイクロシーベルト
  2012年 1月22日~ 2月21日  67 マイクロシーベルト
    〃   2月21日~ 2月28日  16   〃
    〃   2月28日~ 4月5日   92   〃
    〃   4月5日 ~ 4月25日  74   〃
    〃   4月25日~ 5月23日  79   〃
    〃   5月23日~ 6月23日  96   〃
    〃   6月23日~ 7月12日  65   〃    
    〃   7月12日~ 9月26日 150   〃   (※)

 約1年間の累計で904マイクロシーベルトであった。
 2012年7月12日に伊達市から個人用のガラスバッチが配付されたので、それ以降は自宅の部屋から持ち出していない。また、毎日数値をチェックしてはおらず、一時、電池切れしていた。このため、(※)印の期間は推測値である。なお、この間を含むガラスバッチによる測定結果が伊達市から届いたが、「0.1ミリシーベルト」であった。ガラスバッチはマイクロシーベルト単位の測定精度はないらしい。
 購入したときにはすでに空間放射線量の高い時期は過ぎていた。また、只見町に2012年3月まで単身赴任していた。2012年4月からは伊達市梁川町の職場に自宅(旧伊達郡伊達町)から通勤している。仕事は屋内での事務が主であるためか、4月以降の月あたりの被曝線量は只見町(南会津郡)とあまり変わらない。ちなみに只見町の空間線量率は毎時約0.1マイクロシーベルト、梁川町は毎時約0.4マイクロシーベルトである。
 この結果から、自分の年間被爆線量はおおむね1ミリシーベルトというところだろう。この値は自然放射線被曝を含んでいる。ICRP(国際放射線防護委員会)の勧告では、自然放射線被曝及び医療被爆を除く一般公衆の年間被爆限度量を1ミリシーベルトということであるから、自然放射線被曝を含んでいることを考えると、その勧告値未満ということになる。しかも自然放射線被爆量の世界平均は2.4ミリシーベルトとのことだから、その半分以下である。屋外の仕事が主であればもっと高かっただろうと思うが、自分は普通に生活しても問題はなさそうである。ただ、自分の家族はずっと伊達にいたので、大震災直後の被爆量がずっと高いだろうと思う。

 
[PR]
# by takaharan | 2013-01-03 20:46 | 風景その他

イラガ三兄弟

d0027904_21592132.jpg イラガの繭
2012/11/19 伊達市伊達
T3

 珍しく、父が畑から取ってきた。3つも見つかったので持ってきたらしい。みんな模様が違うが、色は枝の色に似せているようだ。以前見た繭はもっと明るい色で、やはり着いている枝の色に似ていた。よく見ると大きさも違う。幼虫の大きさが違ったのだろうか・・・。堅くて、子供の頃は何だか分からなかった。イラガの幼虫は毒手虫で、うっかり触るとピリピリと痛くてひどい目に遭う。中身が入っているようだから、繭で冬越しするのだろう。
[PR]
# by takaharan | 2012-11-30 21:57 | 昆虫