ユビソヤナギ萌えた

d0027904_21283843.jpg2011/3/6 只見町小戸沢
ユビソヤナギの花穂 T3

XCスキーで田子倉ダム直下から友人たちと歩いてきました。先週は春のように暖かかったためでしょうか、ユビソヤナギの花穂が芽吹いていました。雪はありますが只見にも春がきました。






d0027904_21372456.jpg食痕
 雪上から高い位置なので、ニホンザルのようです。冬芽をすっかり食べられてしまった枝もありました。足跡が見つからないので、この雪が降る前(2日前)に食べたのでしょうか。
 背景に見える川の中を、ニホンジカが上流へ逃げていきました。雪が解けた沢の土手の中をねぐらにしていたのでしょう。深雪に弱いニホンジカでも、川の中は雪がないので移動できるし生きていけるのですねぇ。同行したkさんによると別の沢でも見かけたそうです。尾瀬から只見まで生息域を広げたんですね。どこまで広がっているのだろう・・。



d0027904_21565055.jpg
[PR]
by takaharan | 2011-03-06 21:58 | 只見通信
<< 吾妻小富士 冬の松坂峠 >>