ニホンザルの食痕

生活痕(食痕:木の芽)    ニホンザル
d0027904_2310289.jpg

2007/2/12    裏磐梯
 クロスカントリースキーで雪の中を歩くときの楽しみは、動物たちの足跡や食べ痕が見られること。さすがはサル、器用に木の芽だけを食べている。これはサルの特徴だそうだ。ヤマグワの木らしい。試しに、自分も食べてみたら、ほんのりいい香りがして、まずまずの味だった。木の皮よりはおいしいに違いない。

d0027904_2315495.jpg

2007/2/12   裏磐梯
 こちらは、同じ木の根元(といっても雪の上なので、実際には1~2mぐらい地面から上)にあった食べ痕。同じニホンザルのものだろうとのこと。言われてみると、かじり始めが円形でヒトのかじり痕に近い。さすがに、木の皮は、食べてみる気にならなかった・・・。
[PR]
by takaharan | 2007-02-17 23:20 | 動物
<< ウサギの足跡と食痕と・・ アオゲラ >>